2008年03月26日

風呂の種類ってどれくらい?

風呂の種類ってどれくらいあるの?


風呂は日本では蒸し風呂がはじまりであった。風呂の種類を挙げてみると、以下のようになる。

・蒸し風呂

・岩風呂

・釜風呂

・五右衛門風呂

・木桶風呂

・ユニットバス

等である。


蒸し風呂、岩風呂、釜風呂が蒸風呂で、残りがお湯につかる風呂だ。


巷には、種類の豊富な風呂を楽しむことができる宿や温泉場もある。一つの宿で、12〜16種類ぐらい、多いところでは25種類もの風呂を用意しているところもある。一度にたくさんの風呂に入ることができるのは、風呂好きな人にとってはまさに極楽と言えよう。


風呂の浴槽について言うと、家庭では多くがユニットバスだが、その素材もいろいろ。ポリエステルやアクリル樹脂、ステンレス、大理石などがある。最近では保温ポットのように、湯の保温ができる浴槽が開発されている。
posted by happyな足湯日記 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90906986

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。