2008年03月25日

風呂について考える

風呂について考えてみた。


風呂というのは、お湯につかったり、蒸気に蒸されたりして、カラダを温めたり洗ったりする場所のこと。今は風呂というと、お湯につかるのが当然のことだが、江戸時代では蒸気浴が風呂とされていた。今で言うとサウナにあたる。その後、下半身のみが浴槽につかる風呂が登場し、慶長年間の終わり頃には全身浴である風呂ができたそうだ。


日本人にとって風呂というのは切っても切れないものではなかろうか。風呂に入ることで何か解放される気持ちになる。ゆったりと浴槽につかると身も心も癒される。


風呂をリフォームする場合も、大きな浴槽にするとか、外の景色が見れるようにするとか、癒し空間にこだわる人もいるほどである。それだけ、風呂というのは楽しみなものなのだ。

ラベル:風呂
posted by happyな足湯日記 at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。